.footer-action-wrapper{display:none;} .touch-item-list{display:none;}

人生あじつけブログ

人生どういい味を出していくか?を新米大学生が追求するブログ。本・映画について語ったりもします。

19歳、血液ドロドロといわれる

どうもくろぽんずです。

まずこの記事の結論からいうと

「体は第一の資本で、いたわってあげなくてはいけない」

という気持ちをいつも念頭におくべきだ。ということです


今日血液検査というものを人生で(物心つく前は知りませんが付いてから)初めて受けてきました。

私は小さい頃から血というワードを聞くだけで体に力が入らなくなるという性質を持っていて、今も力が抜けた状態で文字をかいてます。血のことを考えるのは怖くて仕方ないのです。


そして恥ずかしながら注射針が怖くて赤十字献血キャンペーンも避け続けた人生でしたが今日ははじめての採血。

診察の時とりあえず腕を出したものの、お医者さんに「親指なかに曲げてってwやったことあるでしょ?」と笑われる始末。

採血すると栄養たっぷりの血液(貧血の真逆)
と言われたところまでは良かったんですが
医師から

「うーん血がちょっとドロドロですね」

という衝撃的な言葉が。


え、え、先生私まだ19よ?どゆこと?(;´д`)

と驚きを隠せないといった表情をしていると

「お肉とか好きでしょ?もろにでてますよ」という食生活の指摘をされ、

確かにスイーツに目がないししばらく魚よりお肉の方がよく食べてたな、と思い出しました。


ただジャンクフードやスナック菓子のような体に悪そうなものは意識的に食べないようにしていたし、外食は友達と行くときくらいに控えてたのにこの結果はショックきわまりないです。

早速家に帰って調べてみると

☆食生活ではなく水分を全然摂らないことも血がドロドロになってしまう原因らしい。

☆体質的にストレスを溜め込みやすい人も血液がドロドロになりやすいそう。

☆睡眠不足も原因のひとつ。多分これかなぁ

☆血液をサラサラにする食べ物は
・リンゴ
・大豆製品(納豆など)
・赤ワイン(一日二杯ほど)やお茶などに含まれるポリフェノール
・緑黄色野菜
・玉ねぎ、ネギ
・海藻類

などなどだそう。


ということを私はこれまで全く意識せずに生活してきました。

睡眠時間を削ってなにか作業したりなんて日常茶飯事。

若いしまだまだ体に以上なんて出ても問題ないっしょ!と甘く見ていました。

でも自分の体は自分が持ちうる財産であり資本なんだ、と今日その言葉の意味が分かりました。

からだがダメになったら何も生産できなくなる。人は命を削って何かをする。なんていうそーんな深いところまで考えてしまったり。

とにかくまずは睡眠をしっかり取ろうと思います。

そして

甘いものを食べるのやめる。

くぅ~甘党の私、涙目です。