.footer-action-wrapper{display:none;} .touch-item-list{display:none;}
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生あじつけブログ

人生どういい味を出していくか?を新米大学生が追求するブログ。本・映画について語ったりもします。

ネタ切れに悩めるブロガー必見!「その発想はなかった」をひらめくには【逆の視点】

思ったこと

f:id:bengbengcomic:20160205003458j:plain

どうもどうもくろぽんずです!

 

ビジネスについていろいろ考えてるんですが最近印象に残ったエエ話を紹介します。

 

ビジネスアイデアの話だけど、 面白い記事を書くためのアイデアにもなるから、

見に来てくれたブロガーさん、ちょっとビジネスの話に付き合ってね。

 

 

売れる=新しいアイデアがベース

ビジネスの基本はとにかく売ること。既存の市場に風穴をこじ開けて新しい需要を生み出すこと!多くの人に「なにそれほしいッ!」と思わせること。

 

ヒット、売れるモノを作り出す時に何が共通して必要なのか。それは、

 

①商品の需要を増やす=今よりもっと多くの客をターゲットにしていること

②意外性=「その発想はなかった」とうならせるひねりを加えること 

 

これである!

 

羽の無い扇風機、食べるラー油、消えるボールペン、無料電話、PC用メガネ、白いイチゴ…

これらのヒット商品・サービスは「登場するまで考えられなかった」イデアがベースで作られてます。

 

それまでの、みんなが「これはこういうものだ」という認識をどっかーんと崩してしまうひらめきが大事。

 

たとえばPCから出るブルーライトをカットする「JINS PC」は

メガネは視力の低い人がかける物という常識を壊して”目が悪くない人も使うメガネ”

というコンセプトで売り出し求めるお客さんの幅を広げたというわけなんですね~

ちなみに私も持ってます。

 

商品だけじゃなく日常的に逆転の発想を使おう

こういったウケる新たなアイデアを生み出すには日頃からなんでもいいから逆の発想で全部考えてみるクセをつけたらいいんです

 

最近「上手い逆の発想」だと思った例はこの記事⇓

 

【検証】渋谷ハチ公前でフリーハグではなくフリービンタをすると愛は生まれるのか - やぎろぐ

 

若手学生プロブロガーで大学の先輩である八木任平さんの記事なんですけどめっちゃ面白い。ハグの反対は~?ビンタじゃね?おっしやってみよう!ってなったんだろうな笑

 

 やっぱ伸びてますねこれ。面白いもん笑

 

この逆の視点を持つ…クリエイティブな記事を常に求めるブロガーさん達にも大事です。

 自分もこれ日々考えてます。頭の隅っこで。

 

んー例えば…【マックの可愛いお姉さんに「スマイルください」の代わりに「思いっきり罵ってください」って言ってみた】とか…

いい記事が書けそうな気がする この方法で話題になりそうなアイデアが生まれるかも!

 

 

逆に考えるクセは通勤中でもお風呂でもどこでもできるので積極的にやるべし!!

 

というわけで、「逆の発想を持つ癖」はブロガーさんにも使えますよ!ぜひ意識してみてください!!